マージンコールってなに?


こんにちは!「資産運用@情報源」です♪

今回はマージンコールについてのお話です!


FX(外国為替証拠金取引)の性質上、取引をするために預ける資金は、
保証金(担保)として扱われます。


マージンコールとは、
為替変動により自分の取引通貨のレートが下がり、
その損失が保証金のある一定の水準に達した際に発生します。



マージンコールが発生した場合は、
FX会社より保証金の追加を促されます。


最悪の場合、ロスカットされてしまう場合もあります。




ロスカットとは、
ポジションの損失評価により、保証金のある一定水準に達した場合、
自動的に決済してしまう、というものです。



ロスカットの基準値である
ロスカットレベルを調整するのもFXリスク管理の一つといえます。


-------------------------------------------------------
FX界のカリスマ山根亜希子がFX投資情報を発信!

詳細は今すぐ こちらをクリック!

-------------------------------------------------------




●このお話が役に立ったと思った方はぜひポチッと 人気blogランキングへ









この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

FXとは?
Excerpt: FXについて有益な情報を垂れ流していきます。
Weblog: 外国為替証拠金取引で鬼のように稼ぐ方法
Tracked: 2006-07-09 11:37

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。