チャートとローソク足

こんにちは!資産運用@情報源です♪


会社四季報などを見ると全ての会社の情報に
白い四角や黒い四角がいっぱい並んだグラフがついています。

これがチャート

白い四角や黒い四角に毛が生えたようなのがローソク足
なんとなくローソクに似てますね。


ローソク足は株価の動きを示すものとして
株式投資家に幅広く利用されています。


まずローソク足の表し方を知る必要があります。

一日の株取引の最初の株価が「始値」
終わりの株価が「終値」
一日のうち一番高く取引された価格が「高値」
一番安く取引されたのが「終値」


「始値」よりも「終値」が高ければ白い四角の陽線。
「始値」よりも「終値」が安ければ黒い四角の陰線。

「高値」が「始値」「終値」より高ければ
 四角の上にローソクの芯のような線がつきます。



「終値」が「始値」「終値」より安ければ
 四角の下にローソクの芯のような線がつきます。


ですから
陽線は株価の上昇を陰線は株価の下落を意味します。


それぞれのローソク足が出来るまでには2通りの株価の動きがあります。
1つ目は始値→高値→安値→終値と2つ目は始値→安値→高値→終値という
株価の2つの動きにわかれます。

1つ目のパターンは、最初に高値をつけてから売りにおされて安値をつけるものの、再び
買いが優勢し取引が終了しています。

2つ目のパターンは開始直後にいきなり売りに押されるものの、そこから一気に高値を
取りに行き引けにかけて若干、株価が押し戻される展開です。

1つのローソク足からも株価の動きを読む事も出来ます。


このサイトでも「チャートの説明」の欄で図解入りで説明しています。



●ちょっとお役に立ったと思った方はぜひポチッと 資産運用blogランキングへ




出来高は意外に重要

こんにちは!資産運用@情報源です♪


株取引をはじめると「出来高」という言葉がよくでてきます。
「出来高」は取引所内で売買が成立した株数のことをいいます。



出来高は普段あまり気にとめない事が多いのですが
株価に次ぐ重要な市場指標です。



出来高が多いと相場が活況だってことです。
出来高を伴わないで株価が上昇すると
上昇の幅は大きいですが、その分下落の幅も大きいのです。


出来高が伴いながら株価が上昇する銘柄は狙い目です。


でも、出来高急増や株価の急上昇は
次の日に利益確定のための売りが殺到し、
株価を下げる場合もあるので注意が必要です。





●ちょっとお役に立ったと思った方はぜひポチッと 資産運用blogランキングへ




キャピタルゲイン

こんにちは!資産運用@情報源です♪



株式投資におけるリターンには、
株式を保有していれば得られるインカムゲイン(保有益)と
株式売買によって得られるキャピタルゲイン(譲渡益)の
2種類があります。


キャピタルゲインは株式投資において代表的なリターンです。

買った時と売ったときの株価の差額を利益とするもので
売値から買値を差し引いた価格に株式数をかけた金額が利益になります。


実際に手にできるのはこのキャピタルゲインから
証券会社に払う手数料ととキャピタルゲイン課税(現在は10%)を
差し引いた金額です。

手数料については各証券会社によって違いますから確認してくださいね。



オンライントレードを始めるならイー・トレード証券がオススメ!
手数料が安くて機能も充実しています。
一度資料に目を通しておいても損はないですよ。

わたしも使ってます♪



●ちょっとお役に立ったと思った方はぜひポチッと 人気blogランキングへ




インカムゲイン

株式投資のリターンとは?


こんにちは!資産運用@情報源です♪



株式投資におけるリターンには、
株式を保有していれば得られるインカムゲイン(保有益)と
株式売買によって得られるキャピタルゲイン(譲渡益)の
2種類があります。


株式保有による配当金はインカムゲインがメインとなります。

株主に対して利益を還元するもので1株10円の配当で
100株保有していれば1000円の配当が支払われる事になります。
配当金を受け取るためには、企業が指定している権利確定日まで
株式を保有していることが条件です。



投資的な視点から見ると、
1株あたりの配当がいくらかよりも「配当利回り」が重要です。

配当利回りとは「1株配当金÷株価」を%であらわします。
数値が大きければリターンが高いってことです。


でもそれだけが全てではありません。
ディズニーランドの割引券が欲しいからオリエンタルランドの株を
保有し続けるという人もたくさんいます。


オンライントレードを始めるならイー・トレード証券がオススメ!
手数料が安くて機能も充実しています。
一度資料に目を通しておいても損はないですよ。

わたしも使ってます♪



●ちょっとお役に立ったと思った方はぜひポチッと 人気blogランキングへ




逆指値(ぎゃくさしね)

こんにちは!資産運用@情報源です♪



指値注文では、たとえば100円で買いというふうに注文を出しますが、
株価が100円まで上昇したら買いというような注文方法もあります。


この注文方法の場合株価が100円まで上昇すれば
100円で買いという注文が出されますが、
100円まで上昇しなかった場合はいつまでも買わない
という注文で逆指値といいます。

安くは買わないぞ! という意思表示ですね。




また損をしてしまった株をあきらめて売る時(損切り)
にも逆指値は便利です。


株価が下がるにつれて損はどんどん膨らんでいきますので、
ある程度まで下落してしまったら諦めて売ってしまうのがとても大切です。


たとえば150円で買った株が今は120円まで下落してしまったとします。

この持ち株が100円まで下がったら諦めて売りたいとすると、
100円まで下がったら売りと逆指値で注文を出します。


通常の指値の場合100円で売りと注文すると、
140円とか130円とかの値段で早々に売れてしまう可能性があります。
100円で売りというのは正確には100円以上で売りという事だからです。


こんな時逆指値にしておくと、100円まで下がるまで100円で売りという注文は出されません。
条件をつけて、実際にその値段になったら注文が発生するという注文方法です。
あきらめのラインを自分で決めることができるわけですね。



オンライントレードを始めるならイー・トレード証券がオススメ!
手数料が安くて機能も充実しています。
一度資料に目を通しておいても損はないですよ。

わたしも使ってます♪



●ちょっとお役に立ったと思った方はぜひポチッと 人気blogランキングへ



指し値と成り行き

こんにちは!資産運用@情報源です♪



売買注文を出すときには
「指値」と「成り行き」の2つの売買方法があります。


「指し値」とは株をいくらの値段で買います(売ります)と
金額を決めてする売買方法の事をいいます。
指し値の場合、自分の思った金額で株を購入できますが、
下手をすると1円違いで売買できない場合もあります。



「成り行き」とはその時の株価で売買しますという売買方法のことです。
成り行きの場合、反対売買があれば確実に株を売買できるものの、
時には自分の思っていない金額で株を買って(売って)しまう事があります。


どちらの注文方法を選択するかは悩むところですね。
買いは指し値のほうが高く買いすぎないのでいいと思います。
売りは出来るだけ高く売りたいですが、出来るだけ早く売りたい
場合が多いですから成り行きのほうがいいかもしれませんね♪



オンライントレードを始めるならイー・トレード証券がオススメ!
手数料が安くて機能も充実しています。
一度資料に目を通しておいても損はないですよ。

わたしも使ってます♪



●ちょっとお役に立ったと思った方はぜひポチッと 人気blogランキングへ




売買注文の出し方

こんにちは!資産運用@情報源です♪



株式においての売買注文
取引所銘柄もジャスダック銘柄も証券会社を通じて
売買注文が市場に出されています。

出てきた売買注文は基本的に時間優先で処理されるので、
同じ価格 同じ株価、同じ株数の注文があった場合、
1秒でも先に市場に売買注文が出たほうが優先されます。


株価と株式数は買いと売りが合致したところ(出合い)を基本にしています。


一般的に、
みんな出来るだけ安く買いたいので
株価が下がると待っている買い注文が増え、

出来るだけ高く売りたいので
株価が上がるほど売りの株数が膨らむ傾向にあります。


売りの最も低い株価と買いの最も高い株価が合致したところが
出合いになりその時には売りの株式数にあわせて処理されます。


慌てて高いところで株を買っちゃうと、売ったときの利益が少なくなります。
逆に売るとき(売り注文)の場合は、急いで売りにださなければならない時があります。


1円の違いで売りを逃すこともあるので
「買いは慌てず、売りは瞬時」でいきたいですね♪。





オンライントレードを始めるならイー・トレード証券がオススメ!
手数料が安くて機能も充実しています。
一度資料に目を通しておいても損はないですよ。

わたしも使ってます♪

●ちょっとお役に立ったと思った方はぜひポチッと 人気blogランキングへ




証券会社が倒産したらどうなる!?

こんにちは!資産運用@情報源です♪


ネット証券を選ぶポイントとして重要なのは

・取引手数料
・情報の充実度
・取り扱っている商品
・経営の安全性

の4つです。


証券会社の場合、法律で投資家から預かった株券(預かり資産)は
別の金庫に納めておくように指示されています。
たとえ口座を開設している証券会社が倒産したとしても
投資家の資産(株券)は全額保護される仕組みになっているので安心です。


証券会社の経営内容は金融庁が定期的にチェックしていて、
もし万が一の事があった場合でも保険機構から返済されるので安心です。


でも、証券会社で扱っている投資信託などの合同運用系の商品の場合は運用会社
が倒産した場合は返済されない場合があるので注意が必要です。



オンライントレードを始めるならイー・トレード証券がオススメ!
手数料が安くて機能も充実しています。
一度資料に目を通しておいても損はないですよ。

わたしも使ってます♪

●ちょっとお役に立ったと思った方はぜひポチッと 人気blogランキングへ



ネット証券の選び方 :情報

こんにちは!資産運用@情報源です♪


ネット証券を選ぶポイントとして重要なのは

取引手数料
情報の充実度
・取り扱っている商品
・経営の安全性

の4つです。


手数料の次に大切なのが銘柄選びにはかかせない情報の充実度です。
各証券会社のHPでどのような情報が提供されているのか確認してみましょう。

無料でどんな情報が提供されているのか、
有料ならどんな情報が得られるのかをチェックするのが重要なポイントです。



リアルタイム株価情報はぜひ欲しい機能です。





口座開設はたいてい無料ですから
とりあえず数社に口座を開いてみるのがいいでしょう。
口座を開設したからといって
必ずしもその証券会社で売買しなければならいってわけではありません。

会社によって違う色々な情報を使い分けるのも手です。



オンライントレードを始めるならイー・トレード証券がオススメ!
手数料が安くて機能も充実しています。
一度資料に目を通しておいても損はないですよ。


わたしも使ってます♪


●ちょっとお役に立ったと思った方はぜひポチッと 人気blogランキングへ





ネット証券の選び方:手数料

こんにちは!資産運用@情報源です♪


ネット証券を選ぶポイントとして重要なのは

取引手数料
・情報の充実度
・取り扱っている商品
・経営の安全性

の4つです。



まずは手数料について。
株の売買にかかる費用には、株の代金と売買手数料の2つがあります。


株の代金はどのネット証券で購入しても一緒なので、
ネット証券ごとに差がでるのは、売買による手数料です。

手数料は売りや買いが約定したときに証券会社が定めた手数料を支払います。
手数料は各社まちまちで、1回の約定ごとにいくらといったものから、
1日・1ヶ月いくらなどがあります。


約定金額によっても売買手数料は変わってきます。
50万円未満ならいくら・100万未満ならいくらといった感じで料金が違います。


オンライントレードを始めるならイー・トレード証券がオススメ!
手数料が安くて機能も充実しています。
一度資料に目を通しておいても損はないですよ。

わたしも使ってます♪

●ちょっとお役に立ったと思った方はぜひポチッと 人気blogランキングへ







株式投資にかかる税金



こんにちは!資産運用@情報源です♪


現在株式投資を行う時に最もおおきなコストとしてかかってくるのが
キャピタルゲインに対する税金です。


これは1回ごとの株を譲渡したときにでる利益から
証券会社に支払う手数料など売買におけるコストを
差し引いた金額(譲渡益)に対して課税されるもの
それらを年末に合算して確定申告によって税金を納めます。


2006年3月現在の税率は10%です。
2007年末からは20%(所得税14%、住民税6%)
になっちゃいます(涙)


たとえば年間の合計で400万の利益が出た場合、
現在は40万の税金を支払います。
来年からは80万! (ガックリ)


もし損失が出た場合でも税金申告を行わなければいけません。
損失は3年間繰り越せます。


計算や申告がめんどくさい!

というのが実際のところでしょう。
そんな場合は証券会社の特定口座(源泉徴収あり)を
利用してください。


特定口座を利用すれば
取引ごとに証券会社が代わりに税金を納めてくれますし、
その時点で税金関係は終了します。

ラクチン♪


オンライントレードを始めるならイー・トレード証券は絶賛!
手数料が安くて機能も充実しています。
一度資料に目を通しておいても損はないですよ。



●ちょっとお役に立ったと思った方はぜひポチッと 人気blogランキングへ







株式はどうすれば売買できるの?


こんにちは!資産運用@情報源です♪



まずはなんといっても
証券会社に取引口座を開設しなければいけません。


取引口座には一般取引、ミニ株、るいとう、外国株取引・信用取引などがあります。


たとえばミニ株も売買したいと思う投資家なら一般取引と
ミニ株取引の二つの口座を開設することになります。


いまのところ証券会社に口座を開設する為の費用はかかりませんが、
申し込みの際に本人を確認できる書類(免許書のコピー)などが必要になります。


口座開設の申し込み方法には「店頭」、「インターネット」の2種類があり、
店頭ならば証券会社の 窓口に行けばその場で開設することができます。


いまの主流はインターネット取引ですよね。
なんといっても自宅にいながら株取引が出来るわけですから♪


私はイー・トレード証券のミニ株取引です!



●ちょっとお役に立ったと思った方はぜひポチッと 人気blogランキングへ








取引できる株式はどんなもの?


こんにちは!資産運用@情報源です♪



株式とは株式会社が発行している有価証券の事をいいます。

必要事項を株券に印刷したものですが、
その会社の資本金に応じて発行しています。


発行枚数が決まっているため、株券には限りがあるので
人気のある会社の株になると様々な投資家がほしがるので株価が上がっていきます。



一般に私達が売買できる株式は市場に「公開」されている株式です。
市場で定められた「公開基準」を満たしてはじめて公開されます。


公開基準とは、資本金、売上高、利益、株主の数、
地域的な分布などの最低基準が定められていて 、
この基準をクリアすのはもちろんの事、
業務内容、経営者の人格に至るまで細かくチェックされます。

それをクリアして始めて株式公開へとこぎつけるわけです。





●ちょっとお役に立ったと思った方はぜひポチッと 人気blogランキングへ






広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。