生命保険の見直しをしよう 2



こんにちは!資産運用@情報源です♪


ふたたび生命保険についてです。

自分の資産を守る上で、
ムダな保険料
を払わないと言うことも
間接的ですが大切な資産運用といえます。


これから多額の教育資金
が必要になるかもしれません。

また、子供が巣立った家庭は自分たちの老後資金
が心配になるかもしれません。



しっかりとライフプラン
を練って家計の見直し
をしましょう。



その中で以外に出費の大きなウエイトを占めている
保険の見直し
をすることが大切ですね。


保険料を安くしたい
ですよね。


自分で自信をもって判断するのもなかなか難しいですから
ファイナンシャルプランナー
に相談するのもいいですね。




●ちょっとお役に立ったと思った方はぜひポチッと 資産運用blogランキングへ



生命保険の見直しをしよう



こんにちは!資産運用@情報源です♪


資産運用というと投資をすぐ連想してしまいますが、
無駄なお金を使わないと言うことも
間接的ですが大切な資産運用といえます。


みなさん生命保険に加入されていることと
思いますが、はたして今の生活にマッチしたものでしょうか?


ライフスタイルも変わってきているのに
何年も前に生命保険加入してそれっきりという人は多いのでは?



ライフスタイルの変化は、必要な保障額・必要な保険にも影響します。



たとえば結婚したら、当然家族の保障も必要になります。

もしあなたが世帯主なら当然、扶養家族の生活がかかっています。
もしあなたに万が一の病気や死亡などがあれば、
家族の生活のための保障や病気治療のための保障が必要になってきます。



たとえば自分の子供が独立したら、
今度は逆にあなたに万が一のことがあっても、
子供の生活の保障は要らなくなります。


むしろ自分の生活と自分の入院の保障が重要になります。





たとえば会社を辞めて独立したら、
家族を養ったまま独立ということは、厚生年金の枠から外れ、
万が一の場合には、国家(国民年金・国民健康保険)から保障される内容に変わります。

これはイコール自分で用意すべき保障内容・保障額がかわるということです。




保険の商品は時代によってまったく異なるものが出てきています。

例えば、医療保険の
  ・がん保険の保証内容
  ・医療技術の変化
  ・日帰り保証の登場
  ・自由な保障額設計


など様々です。



「入院8日目から1日あたり5000円」など聞いたことありませんか?
古い保険ほど、こういった傾向が強く、
現状では医療技術の進歩により短期間で退院できるようになってきたため、
保険がでなかった(給付されなかった)という事態になってしまいます。



また、「死亡時にOOOO万円」というのも聞いたことはありませんか?

昔は「最高OOOO万円まで」など、
様々なルールや制約のために動かせなかったものが、
近年は、各家庭によって必要な額を計算した上で組み立てる、
という自由な設計が商品によって可能になっています。



以上の2つの理由を考えただけでも、昔と現在では状況が相当違います。

これはイコール見直す余地が十分に考えられるということです。



自分の保険の現状をチェックしてみたい人

賢い保険の選び方を知りたい人

FP資格保持者による生命保険無料相談を受けてみたい人



一度のぞいてみる価値ありです。


『FP資格保持者による生命保険無料相談』はコチラ!




●ちょっとお役に立ったと思った方はぜひポチッと 資産運用blogランキングへ




広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。